[2008.05.20] HOP HEAD!!

おはようございます。

昨日Ale(Brown ale)仕込み中に、ちょっとだけIPAを試飲。喉も渇いてたし。
ビール飲みながらビール造るってやっぱり最高。すごい特権だと思う。
毎週土曜は「飲みながら仕込む日」となっていたバンクーバーの修業先が
懐かしいな。Toby元気にしてるかな?

で、昨日のIPAの試飲で思ったこと。
(ただ飲みたくて飲んでるんじゃないよ。今後のビールのために
真面目に試飲してんの。でも、ついつい試飲→実飲に・・・)

実は、ビアフェス東京に持って行ったIPAからカラメルモルトの種類を
今まで使用していたタイプから新しいカラメルに換えました。結論、
仕上がりに思った以上の変化が・・・どれ位の違いを感じるかは、
新と旧を飲み比べないと分からない?レベルなのかもしれないけど。
まぁこの場でマニアックに説明するのも何なんで一言でいうと
思った以上にカラメル香強かった。で、その結果が目指してた仕上がりに
近づいたかっていうと・・・・・微妙。
だからビアカップにエントリーしたIPAとビアフェスに出したIPAは実は
若干ちがっていたんです。IPAには飲んだ後にあまりもたつき感を持たせたく
ないんで、極端にいうと僕の目指すIPAはHOPで始まりHOPで終わる、でも
その間には絶妙のモルトとホップの調和がある。その調和に変化をつけて
みたくて今回カラメルを変えてみたんだけど、その求めていた変化が、
「間」じゃなく「おしり」に出てきた感じかな。どっちがカナディアンの理想に
近いかって言うとそれは従来のカラメル使ったレシピかも。
レシピのマイナーチェンジなんてうちじゃよく試すことだし、まさかビアカップ
入賞するとも思ってなかったから、ビアカップとビアフェス両方でうちのIPA
飲んだ人はどう感じたんだろうか。同時に比較しないと分かんないレベル
かもしんないけどね。以上、ちょっとしたカミングアウト。
でもこうやって試行錯誤しながらビールの変化に気づかされると、改めて
ビールって面白い酒だなって思う。

IPAを語る時、必ず思い出すのがこれ。
IMG_0126.jpg

TREE BREWINGのINDIA PALE ALE [HOPHEAD]
以前(5/2ブログ)紹介したPIPER'S PALE ALEが僕に「MALT」を
教えてくれたビールならば、このHOPHEADは僕に「HOP」を教えて
くれたビール。はじめてこれ飲んだときはホントにビビッた。
ホップ食っちゃったのかと思うくらいホッピーで。でも今飲んだら
どんな感想がでてくるんだろう。当時飲んでたカナダのビール、
もう一回全部飲みなおしてみたいな。そしてTobyに会いたい。

またカナダに行きたいな。

<ビアホール ~本日5月20日の樽生~>

・ピルスナー             alc.5%
・エール                alc.5%
・スタウト               alc.5.5%
・カスケードラガー          alc.5% 
・コリアンダーブラック       alc.5.5%


コリアンダーブラックの次は、新作ビールが控えてます!お楽しみに~



未分類 | CM 02008/05/20(火) 08:40:44

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tedubaku.blog51.fc2.com/tb.php/31-3c9fc7c1

| main |

プロフィール

TGY

Author:TGY
プロフィール

2009年の春に工場を札幌から江別に移しました。北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。

twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター