[2009.08.25] 2009.8.25 シードル

おはようございます。

最近まともにブログの更新ができていなくてスミマセン。
誰に謝ってるんだかよくわからんけど・・・

やっと先日のお客さんの話。そう4~5年振りに再会した堀井拓哉さんの話を。
堀井さんは一体何者かというと増毛フルーツワイナリーのオーナー兼醸造責任者です。
私より2つ年上の36歳、若きオーナーさんです。

堀井さんはもともと大のビール好きで、本気でビールの醸造を考えた時期もあったそうです。
ですが、彼がたどり着いた夢は何かと言うと・・・
「おばあさまが残した増毛町のリンゴ園、増毛のリンゴをつかってシードルをつくりたい」
というとても素敵な夢でした。
堀井さんと出会った4~5年前、その時私の目の前に現れた堀井さんが持っていたモノは
確かな夢と数十個の増毛産リンゴのみ。その確かな夢を叶えるための第一歩が小ロットで
造れる醸造所で増毛産リンゴをお酒にしてみよう、というもの。シードルではありませんが
「リンゴの発泡酒」というかたちで、カナディアンの小さな釜で堀井さんの夢への第一歩が
スタートしたのです。

「ビール」と「果実酒」という酒税法上の区分はあるにしても、目指すは同じ「酒類製造業」。
カナディアンもBoss-Sを中心に「ゼロ」からスタートで頑張っている経緯もありましたので
とても他人事とは思えない親近感があったのです。
私たちもフルーツをつかった発泡酒は何度か試してはいましたが、リンゴはこの時が初。
堀井さんのイメージする仕上がりを細かく確認しつつ、リンゴの特徴が十分に残るように
レシピ、製法の作戦会議。そして今でも鮮明に記憶しているのが徹夜での搾汁作業。
何十個ものリンゴを、その時は全て皮を剥き芯をとって、少量ずつフードプロセッサーに
かけてはさらしにくるみ手で搾る。大変でしたが今では素敵な思い出。
そして約一ヵ月後、出来上がった「リンゴの発泡酒」に私も堀井さんも美味しいという感想
と共に、確かな手応えを感じることが出来たのです。

その後堀井さんは某ワイナリーでの修業を経て、開業へ向かって頑張っているとの情報は
知っていたのですが、それ以降は気にはなりつつも月日が経ち・・・
日本のお国柄、酒類製造免許の取得も簡単ではありません。醸造技術はもとより
酒類製造業を開業させるためには越えるべきハードルがいくつもあります。
ですが堀井さんは確かな夢と共に、決して焦ることなく、じっくりと己を貫き通し、昨春
祈願かなって酒類製造免許を取得したのです。そして昨夏、記念すべき第一弾の
シードルが完成したときに、カナディアンにシードルをもってご挨拶に来てくれたのですが
タイミングが悪くお会いできなかったり・・・
最近になって連絡を取り合い、先日やっと「再会」をはたすことが出来たのです。
江別工場、そしてビアバーの両方に来ていただき、ビアバーではゆっくりとお話ができました。

久々にお会いした堀井さんからは、言葉そして表情からもとても刺激を受けました。
何よりも嬉しかったのが、「ものづくり」をしている人間としての共通意識が多かったこと。
なんだか心がとても透明になった気がします。不思議なくらい「ビールづくり」に対する
エネルギーが湧き出てきました。
「もの」は想いがあってはじめて生まれます。あたり前の事ではありますが、その想いに
一寸の偽りなく、ピュアな心で自分がつくりたいと思うものを純粋なまま「かたち」に残して
いきたいと思います。今回、堀井さんとの有意義な時間の中で、そんなことを再認識
することが出来て本当によかったです。
そして今の私には出来ていませんが、それをゆっくり、じっくりとやっていくのが私の目標。
それで商売が成り立つことを願いつつ。
いや、成り立つ確信に至ったから自然とエネルギーが湧き出てきたのかもしれません。

IMG_4781.jpg
増毛シードル
リンゴのやさしい風味が生きているとっても美味しいリンゴのスパークリングワイン。

ビアバーでも飲めるようになります!
そして
「ワイナリー × ブルワリー」 のコラボも!? お楽しみに。


Beer Bar NORTH ISLAND 8/25の樽生ビール

~NORTH ISLAND BEER~
・BROWN ALE                 alc.5% vol.
・IPA                       alc.7% vol.
・STOUT                    alc.5.5% vol.
・コリアンダーブラック             alc.5.5% vol.

~北海道のゲストビール~
・ラガー                   (帯広 十勝ビール)
・アルト                    (函館 はこだてビール)
・スタウト                   (千歳 北海道ビール ピリカワッカ)

Beer Bar NORTH ISLAND  中央区南2条東1丁目 M's二条横丁2F
                               tel:011-303-7558



Beer Hall NORTH ISLAND  8/25の樽生ビール

・ラガー                   alc.5%
・ブラウンエール              alc.5% 
・スタウト                   alc.5.5%       
・IPA                     alc.7%
・はこだてビール ~アルト~ 

Beer Hall NORTH ISLAND  東区北26条東1丁目3-8(石造り倉庫)
                               tel:011-752-2550

(現在は「ビアホール 手づくり麦酒」の看板のまま営業していますが、近日中に
「Beer Hall NORTH ISLAND」の看板にリニューアルします。順番が逆だろっ!て突っ込み大歓迎です。)


※ 体験醸造は江別工場での新体制が整うまでお休みさせていただきます。




未分類 | CM 22009/08/25(火) 08:20:33

コメント

楽しみなコラボです(確)

2009.08.25(Tue) 15:39 | URL | OKE|編集

OKEさん
実現するかな?僕もたのしみです。

2009.08.28(Fri) 10:23 | URL | tsutsu|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tedubaku.blog51.fc2.com/tb.php/464-4486c983

| main |

プロフィール

TGY

Author:TGY
プロフィール

2009年の春に工場を札幌から江別に移しました。北海道からこだわりのクラフトビールを発信します。

twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

FC2カウンター